建築模型

No.165 多治見市モザイクタイルミュージアム外観模型

  • 1
  • 2
  • 3

多治見市の南東にある笠原町に、2016年6月オープン。
2006年に多治見市と合併した笠原町は、施釉磁器やモザイクタイルの発祥の地であり、日本一の生産量を誇る。
館内はモザイクタイルの魅力を伝える展示、ミュージアムショップ、体験工房などがあります。
縮尺は小さいですが、外壁の凹凸や色合いなどもしっかり再現いたしました。

縮尺:1/150 アクリル製