HASEGAWA MOKEI Co., Ltd.

CIVIL ENGINEERING / DIORAMA

ミリの世界の土木作業員。

毎日空調の効いた部屋で、己の指先だけを使ってそのすべてを産み出している。
そんな僕らが「ドボク」って聞くとなんだか真っ黒に日焼けしたベテランと、がたいのいい若手を想像してしまってちょっと縁遠い世界のような気になるよ。

でも部屋から一歩外へ出てみたら、「ドボク」は僕らのそばにいっぱいあるらしい。

鉄道、道路に、橋、トンネル…。
港に、空港、河川、ダム…。
とにかくこれらにまつわるものは、全部「土木構造物」って言うみたい。

縁遠いと思ってたけどそんな類の模型は過去にも作ったことがあるし、今後ももっと土木/ジオラマ模型を作ってみたい。

作っているモノのサイズは全然違えど、僕らも立派な土木作業員って訳だ。

Type:������������による絞り込み

Type

お探しのページは見つかりませんでした。

気候変動の影響により近年頻発するゲリラ豪雨や大型の台風、また日本という土地が避けられない地震や火山の噴火などにより、そのたびに全国で大きな被害が発生しそれらの復旧のために大規模な工事が行われています。またそういった災害復旧に限らず、土木建設は私たちの町や生活の身の回りのほとんどに関係しています。あなたが今見ているこのインターネットの回線を通すためにも土木は関係していますし、どこかへ移動するための使う鉄道や道路や空港の建設においても、またのどが渇けば必要となる水を、各家庭に届けてくれているのも土木。
英語でCivilは、市民の、住民の。Engineeringは工学・技術とあるように、その名の通り私たちにの暮らしを豊かにするために欠かせないものとなっています。

長谷川模型では、そんな多岐にわたる土木構造物をあらゆる方法でご提案・製作したします。高速道路のジャンクションや広い範囲の地形の改良など大規模な工事においてはその全体を小さな縮尺でジオラマの模型として。またトンネルや上下水道など内部が見えにくいものに関しては断面で切り取ったりしながら、模型でしかできない表現方法とスケールで土木構造物を再現できます。

設計者がそのイメージを膨らませるためや、
市民へ説明し構造を理解するためなど、
土木・ジオラマ模型はそれらに適したツールとなります。

Q&A about
CIVIL ENGINEERING / DIORAMA
model

Question 手描きのスケッチしかなくても作れますか?
Answer スケッチや走り描き、実機の写真などをもとにデータ作成し模型にします。
Question 専門的な情報を盛り込みたい
Answer 何をどう見せたいかご納得できるまで何度もお打ち合わせをさせていたき、模型としての表現の方法をていねいにご説明させていただきます。
Question 屋内屋外の両方で展示したい
Answer 使用するシチュエーションや運搬の方法も検討し最適なサイズをご提案させていただきます。

屋外で使用の予定があるものに関しては、耐候性素材を適宜使用し製作いたします。
(直射日光や温度変化による変形・変色・劣化などの変質を起こしにくくします。)
Question 会場への運搬や展示会中のトラブル対応は?
Answer 展示会初日に確実に動作させるためになるべく私どもの手でお運びさせていただきます。
(ご要望に応じてBOXチャーター便の使用も可能です)
また、会期中の常駐も承っておりますので安心してお使いいただけます。
Question 他社の模型の改修はできますか?
Answer 承っております。一度実物を見させいていただき、その後の方針をご提案させていただきます。