動態模型

No.227 地盤凍結工法模型 2019.08.27

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

株式会社精研様よりご依頼いただきまして製作いたしました。
地盤中に所定の間隔で埋設された循環するパイプ(凍結管)に、ブライン(冷却液)を流し土中の間隔水を凍結管を中心に年輪状に氷結させ、更に隣接する凍土柱を連結して遮水壁あるいは耐力壁を作るという工法を説明するための模型です。
二重管式と限定式のそれぞれ特性の違う2本をレイアウトし、地盤中の水が氷になっていくまでの様をLEDにて表現しています。
スタートボタンを押すことで演目が開始される回路に加え、展示会等で便利な自動で演目が開始される連続運転の回路を備えております。